【臨床検査技師の転職】最初の就職先は超絶ブラック!転職活動体験記!

そのぐらふぁー12号(@yuutarin7)です。

働いてみたら思っていたのと全然違う・・・。

転職したいな・・・。

だれもが一度を頭をよぎる問題です。

自分がやりたい分野に配属されなかった。条件があわない。

その理由は様々です。

この記事では実際に転職を経験した筆者がその体験をまとめていきます。

そのぐらふぁー12号

転職する時はいろいろきついこともあったけど、今は転職してよかったよ。

学生時代

転職のお話をする前に、まず僕の学生時代のお話をしていきたいと思います。

大学へ進学した自分は学業そっちのけで青春を謳歌していました

そのかいあって、学生の時は成績不良者まっしぐら。

テストのたびに僕より後ろには片手分の人しかおらず、再試験代もいくら払ったか知れません。

成績は良くなかったので就職もなかなか決まりませんでした。

そんな中、就職活動をしている途中に先生から呼び出されました。

何かな~?と思って行くと・・・

先生
君、就職活動ストップね。
そのぐらふぁー12号
え?なんでですか?
 
先生
君、国家試験に合格する可能性限りなく0だよ。もし就職先が決まったら就職先の病院に迷惑でしょ?
 
そのぐらふぁー12号
あ・・・。すいません。就活やめときます。
 
無慈悲なコメントをいただきました。
でも、考えてみたら当然です。
この時期、僕の模試は散々たるもの。
臨床検査技師の国家試験は6割以上取れば合格です。
国家試験は200問出題されるので、120問正解すれば合格なんですが僕の結果は40問正解とかでした。
先生が就活をストップさせるのも当然でしょう。
就職決まって国家試験に受からなければ、大学の信用も無くなっちゃいます。

国家試験の勉強に専念

そのあとお尻に火が付いた僕はようやく勉強を始めます。(時はすでに国家試験の3カ月前)
今までの遅れを取り戻すべく毎日10時間くらいやってました。
そのかいあって模試の結果はぐんぐん伸びてきたんですけど、間に合わず110点止まり。
結局1度も合格ラインである120点を超えることなく国家試験を迎えました。

奇跡の合格と就職

結果から申しあげますと、無事に国家試験合格できました。ギリギリの124点で。
ということで、臨床検査技師になることはできたんですけど肝心な就職先が決まっていません。
 
そのぐらふぁー12号
まぁ、臨床検査技師になれたんだしどっか就職先あるやろ~。
 
軽い考えで過ごしてました。
まぁ、実際就職先はすぐに見つけることができました。
というか、合格したら就職活動をストップされた先生から紹介されました。
 
先生
某検査センターから就職決まっていない学生がいないか?って連絡きたよ~♪ぜひ行ってみたら?
今までの人生でこんなにきれいな手のひら返しを食らったことありません。
しかし僕は就職先が決まっていない焦りもあり、特に調べることもなく某検査センターへと就職を決めました。
これが大きな間違いでした。

最初の就職先はブラック企業だった

そんなこんなで某検査センターへ就職したのですが、僕の配属先はブランチラボでした。
 
ブランチラボの説明:簡単にいうと病院が検査室を運営しているのではなく、検査センターが病院から委託されて運営される検査室のこと。
 
万年の人手不足に悩まされ、当直体制を引いているのに当直する技師はたったの4人・・・。
つまり単純に割ると7-8回/月の当直です。
だれか1人でもやめようものなら当直は10回/月でした。
 
そのぐらふぁー12号
無理!辞めよう!
 
入職して1カ月で決意しましたが、さすがにすぐ辞めちゃうと次の就職に響くのではないかという思いがよぎります。
なんのスキルもない新卒がすぐやめて転職活動したところで、いいところに就職する保証なんてないですよね?
だけど、経験を積めばそれは中途採用で有利になるな・・・。と考えました。
なので勉強もかねて3年間働こうと決めました。

転職活動開始

3年が経過したので、僕は働きながら転職活動を開始しました。

狙いは中途採用のみです。理由は後述します。

今回の就職活動は学生の時みたいな焦りはありません。

そのぐらふぁー12号
とりあえず働いてるから、収入はある。今回はじっくり探すぞ~。
 
先ほども述べたように僕は中途採用のみを狙っていました。中途採用は本当に狙い目です。
なぜなら、即戦力を求めていることが多く、競合する人が少ないです。
辞めるタイミングさえ合わせることができれば、職探しにそんなに苦労することはありません。

職探しにはハローワークがオススメ。

僕は当直の合間の暇な時間を使って、ハローワークインターネットサービスで求人を探していました。

ハローワークインターネットサービスは本当にお勧めです。

まず、登録せずに求人探せます。

インターネットの環境さえあれば時間も気にせずじっくりと職探しに取り組めます。

さらに、仕事内容が明確に示してあることが多いです。

例を挙げます。

  1.  超音波検査を行ってもらいます。
  2.  病理検査を行ってもらいます。
  3.  細菌検査を行ってもらいます。

こんな感じで記載されているので、自分がやりたい分野の仕事を選べます。

新卒で入職すると、分野は選べないことが多いです。

その病院の足りないところに配属になることが多いです。

つまり、自分がまったく興味のない分野に配属されてしまう可能性があるんです。

希望の分野に配属されない。それだって十分に転職の理由にはなりますよね?

ハローワークで職探しをすることでそのリスクは回避できます。

中途採用に学生時代の成績は関係なし

中途採用(転職)って学生の時の成績は関係ありません。

成績証明も求められませんでした。

即戦力を求めているので、やはり経験重視です。

そのぐらふぁー12号
ちなみにもし、何か認定をもっていたら確実に有利に働くよ。
 
合わせて読みたい

[adcode] どーも。そのぐらふぁー12号(@yuutarin7)です。 超音波検査をやる技師にとって、超音波検査士というのは一種のステータスです。 まずは、そこを目指していくことになるのではないでしょうか? 超[…]

 

中途採用(転職)のメリット

中途採用のメリットをまとめると、以下の通りです。

  •  新卒がいないから倍率低い
  •  学生の時の成績関係なし
  •  自分のしたい分野にいける可能性が高い

こんなとこだと思います。

そのぐらふぁー12号
新卒だったら今の職場で雇ってもらえなかったと思う。

まとめ

転職は、今働いている職場よりもいいところでないと意味ないと思います
後悔しないように、じっくり考えながら進めましょう。
仕事を辞めてから転職活動をされる方がいますが、僕はそれはおススメしません。
無職の状態で転職活動をするのと、働きながら転職活動を行うのでは精神的安定が全然ちがいます。
働きながら転職活動を行うのは大変ですが、ぜひ頑張ってみてください。応援しています。
 
 
 
 
 
 
最新情報をチェックしよう!